2017年5月18日 日刊工業新聞に掲載されました。

 

ちょっと訪問/産業ソーシャルワーカー協会?企業の生産性向上に一役

長時間労働の是正や同一労働同一賃金の実現など、働き方改革が社会的な問題に なっている。産業ソーシャルワーカー協会(JISWA)は、働く人が抱える問 題の解決に取り組む資格として“認定産業ソーシャルワーカー”の認定や育成、交 流などを目的とした一般社団法人だ。 皆月みゆき代表理事は「出産後も仕事を続ける女性や、親の介護に直面する人が 多くなり、悩みを複雑に抱える人が増えている」と指摘。認定産業ソーシャル ワーカーは、個人の相談にあたりつつ、企業の生産性向上につながることを目指す。 同資格の1級は、社会福祉士や弁護士など国家資格を持つ人を対象とする計画。 働く個人の課題に対してどのようにアプローチしていくかが注目される。 ▽所在地=東京都千代田区神田小川町2の2、03・5281・7799▽運営体 制=代表理事1人、理事10人▽設立=17年(平29)3月

 

記事リンク

https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00428625